人事評価制度コンサルティングとは?導入メリットや選ぶポイントを解説

人事評価制度コンサルティングとは、人事評価制度の悩みに対し、適切な提案やサポートを実施するサービスです。人事評価制度に対し「運用がうまくいかない」や「導入で迷いがある」などの課題を抱える場合に、コンサルティングの導入を考えるケースは多いでしょう。

しかしコンサルティングを選ぶ際に、選び方やポイントがわからなければ、適切なサービスを選ぶこと自体が難しくなります。

そこで当記事では、人事評価制度コンサルティングに焦点を当て、選び方やポイント・メリットなどを解説します。人事評価制度への課題感を抱えている企業様は、ぜひ当記事をお役立てください。

人事評価制度コンサルティングとは?

人事評価制度コンサルティングとは、人事評価制度の構築や運用を支援するサービスのことです。少子高齢化による人材獲得の難航や、働き方の多様化による人材の流動化によって、人事評価制度を見直すケースが増えています。また、離職率改善やモチベーションアップを目指し、人事評価制度を新たに用意する事例も見受けられます。

人事評価制度コンサルティングは、人事評価制度に通ずる多様な課題感を抱える企業に対し、制度見直しや運用体制の強化など、最適なサポートを実施することが特徴です。悩みの解決によって、企業ビジョンの浸透や経営戦略の実現にもつなげます。

人事評価制度コンサルティングを導入するメリット

人事評価制度コンサルティングを導入するメリットは、以下の通りです。

人事評価制度の品質を高められる

人事評価制度コンサルティングでは、スムーズな制度設計や運用方法を熟知しているため、プロ目線での的確なサポートを実施できます。根本的な部分から解決するため、「評価結果への不満が多発している」や「従業員が思うような活躍をしていない」といったケースでも、改善が期待できます。その場しのぎの対応ではなく、長期的な視点から課題解決に取り組むため、人事評価制度の品質をトータル的に高められるでしょう。

従業員のパフォーマンスが向上する

前述のように、人事評価制度コンサルティングを導入すると、人事評価制度全体の底上げがはかられます。制度自体のクォリティーが高まれば、的確かつ公正な評価につながり、従業員が「自身の頑張りをきちんと評価してもらえた」と思うことにつながるでしょう。適切に評価されたという思いは、各自のモチベーションやエンゲージメントを高めます。志の高い状態で業務に取り組めることから、従業員のパフォーマンス向上が期待できるでしょう。

適宜コンサルタントに相談できる

人事評価制度で思うような成果が出ない場合には、構築や運用面で問題を抱えている可能性があります。人事評価制度コンサルティングを活用すると、人事評価制度に対する問題や疑問について、適宜相談できます。

また人事評価制度は用意したら終わりではなく、企業の立ち位置や環境の変化に応じた「定期的な見直し」が必要です。人事評価制度コンサルティングに依頼すると、人事評価制度の見直しも相談できるため、ベストな状況を維持しやすくなります。

担当者の負担を減少させられる

人事評価制度コンサルティングに依頼すれば、構築のポイントや運用へのアドバイスを得られるため、問題解決に費やす時間が大幅に減るでしょう。素人が構築・運用の整備・見直しなどに取り組むと、スムーズに進められないことも多く、通常業務に対する多大な支障が考えられます。人事評価制度コンサルティングに依頼し、担当者の人事評価制度に関する負担軽減に成功すれば、担当者は「本来取り組むべきコア業務」に集中できます。

人事評価制度コンサルティングを導入するデメリット

人事評価制度コンサルティングの導入はメリットがある一方で、デメリットも存在します。主なデメリットは、以下の通りです。

コストが発生する

人事評価制度コンサルティングに依頼すると、当然ながらコストが発生します。

同コンサルティングは、専門的な知識やノウハウによって、人事評価制度に抱える課題や問題を適切にサポートしてくれることが特徴です。コスト以上の結果を導ければ、「コストが発生する」というデメリットは、見方を変えるとメリットだとも言えます。

社内にノウハウを蓄積しにくい

人事評価制度コンサルティングは外部のサービスであるため、社内にノウハウが蓄積されにくい点も特徴です。構築や運用をコンサルティングに依存しきってしまうと、なおさら社内にノウハウが蓄積しにくくなります。そのため、人事評価制度コンサルティングと一緒に歩む姿勢で、コンサルタントとの定期的なミーティング開催や、マニュアル作成の依頼などを行なうこともオススメです。

人事評価制度コンサルティングを選ぶポイント

人事評価制度コンサルティングに依頼する場合には、デメリットも存在するものの、正しく活用すればデメリットの方が多いと言えます。

また人事評価制度コンサルティングを最大限に活用したい場合には、以下のポイントを押さえて選ぶことが大切です。

自社の課題解決に早急に対応できる

人事評価制度を通じて解決したい課題は、企業によってさまざまです。また課題解決に多くの時間を費やすようでは、「問題がさらに大きくなる」や「市場競争に遅れをとる」といった悪影響が考えられます。そのため人事評価コンサルティング選びでは、自社の課題解決にマッチすることを前提としたうえで、課題解決に早急な対応を講じられる点を重視するとよいでしょう。立案から構築までのスピードが早く、運用時にも迅速に対応してくれるサービスがベストです。

確かな実績がある

人事評価制度に限らず、コンサルタント業務は、免許がなくても行なえる仕事です。そのため、人事評価制度コンサルティングを謳っていても、自社の課題を解決できるとは限りません。適切なサービスを実施できるかを判断する材料の1つに、実績の有無が挙げられます。人事評価制度コンサルティングを検討する際には、「確かな実績があるか?」について確認することも必須です。

コストパフォーマンスの高さ

人事評価制度コンサルティングは外部サービスなので、料金が発生します。コンサルティングを依頼する場合には、料金以上の効果があるサービスを選ぶことが大切です。

コストパフォーマンスの高いサービスを選びたい人は、以下を意識するとよいでしょう。

  • 自社が必要とする知識・ノウハウを有している
  • サービスに見合った適切な費用を展開している
  • スムーズな運用が実現できる

スムーズな運用を考える際には、評価項目サンプルを利用し、迅速に人事評価が行なえるような人事評価システムを活用する方法もオススメです。

人事評価構築パッケージであれば、事前に用意されている評価項目サンプル(10~20個)の項目から3個程度を選ぶだけで、簡単に評価シートを作成できます。

適切なタイミングで提案がある

人事評価制度に対し、自社自身で課題に気づかないケースは多く見受けられます。課題に気づかず運用を続けると、思うような成果が出ないばかりか、最悪の場合には「モチベーション悪化による生産性低下」や「相次ぐ離職」などが考えられます。

コストをかけて人事評価制度コンサルティングを導入するならば、適切なタイミングでの提案が期待できるコンサルティングを選ぶとよいでしょう。

人事評価制度コンサルティングを検討するなら

人事評価制度コンサルティングを検討する場合には、確かな実績があるのはもとより、自社の課題解決につながる「コストパフォーマンスの高いサービス」を選ぶことが大切です。

株式会社シーグリーンの『人事評価構築パッケージ』なら、人事評価制度の構築・運用とコンサルティングにワンストップで対応できます。一般的なコンサルティングサービスは、構築に6か月ほどの期間を要するものの、シーグリーンのサービスは最短3か月ほどで開始可能です。

実績も豊富であり、お客様からのお悩み解決はもちろんのこと、よりよい人事評価制度の実現にむけた適切な提案も可能です。人事評価制度コンサルティングを検討する場合には、人事評価構築パッケージを検討してみては如何でしょうか。

資料ダウンロード

【令和版】評価制度の作り方
【令和版】評価制度の作り方

この資料で分かること

  • 今、人事評価制度を作る必要性
  • 人事評価制度 タイプ別メリット・デメリット
  • 評価項目サンプル